香水を使う時、手首につけたり首筋につけるという方も多くなっています。 この方法であれば、人に香水をつけていることをはっきりとアピールできるようになりますのでお勧めなのですが、目立つ部分につけた時には、つけすぎないように注意するようにしましょう。 手首や首筋の場合、顔の近くになりますし、握手をしたときなど香りが拡散しやすくなってきます。 この状態の場所に大量に香水をつけてしまいますと、香り立ちが激しくなり香害へと発展してしまうのです。 せっかくお洒落な服装で決めていても、上手に香水をつけられないと、本当のお洒落になることはできません。 香水を使う時には、ウエストや足首など、より自然に香る部分につけるとよいです。 この部分につけた場合、ゆっくりと香りがあがってきますので、ほのかな香水の香りを楽しむことができます。 はっきりとした匂いよりもほのかに香ったほうが、多くの方に好印象を与えることができるようになるのです。